リフォームと新築の違い


  • リフォームの場合、今年の売上がいくらになるのか、予測が難しいです。
    ​なぜなら、明日1日で終わる仕事もありますから、1年間が終わってようやく売上が見えるようになるからです。

    ​さらに、現場監理や見積り、打ち合わせをする際にはより高い建築知識や技術が求められます。
    ​お客様から代金をいただく前に、​立替金もたくさん必要なケースもあります。

  • 一方、新築の場合、1年後の契約がしっかり取れていれば、今年の売上予測ができます。

    1年後のキャッシュフローが読めるため社員にボーナスを払ったり、社員旅行に行ったり、安心してお金を使えるようになります。

    ​打ち合わせや見積り、契約に関しても建築知識はあまり必要ありません。



リフォームと新築は決定的に違うのです。




新規参入成功事例


 
成功事例実際に新規参入で成功した事例

  • 公共事業から新規参入
  • 地盤調査会社から新規参入