差別化戦略

差別化戦略

ナックが考える差別化戦略とは?

皆様は「差別化」と聞いてどんなことを思い浮かびますか?
高気密高断熱の家でしょうか。それとも、省エネ住宅やスマートハウスでしょうか。確かに、普通の家とは違うという点で差別化なのかもしれません。一般的に差別化=他の人がやっていないこと、と思われがちです。
しかし、ナックが考える差別化は、『その“差別化”がお客様に求められているかどうか』を最も重要視しています。

例えば、少し前にある会社から販売された携帯電話で、『テレビのリモコン機能付き』の携帯電話がありました。あなたはその機能があるからという理由で、その会社を選びますか?おそらくテレビのチャンネルは、携帯電話ではなく、リモコンで変えますよね?
大切なのは、その差別化によって『お客様が自社を選ぶキッカケになるかどうか?』なのです。

他社がやっていない、真似できないことで差別化を図るのは重要ですが、差別化そのものが目的になってしまうと、お客様が求めていないことをPRしてしまうかもしれません。
大切なのは、“自分目線で”他社との違いを打ち出すことではなく、“お客様に求められていて”かつ、他社がやっていないものを打ち出すことなのです。

肌に触れる部分はすべてこだわり抜いた健康素材を使用
他社が絶対に手に入れられない素材は全部で20種類
住宅商品による差別化で受注20棟、利益30%
従業員は社長を含めたった4名

と、他社が真似できない差別化に成功した会社が存在します。

この会社がやっている差別化とは!?この会社が実践していることとは!?

point01
徹底的にこだわり抜いて厳選された素材

他社が使っていない限定の部材を使用し、巷にあふれる自然素材「風」の住宅とは全く違う、一線を画するものです。住宅を購入するお客様が、家を購入する理由の第1位は『家族のために』です。家族の健康的なライフスタイルを提供するために、厳選した部材を使用し、お客様が求めているものをカタチにしています。


point02
低コストに抑えて、素材と価格の双方でライバルに対して差別化

健康な素材を使用していても、価格が高ければお客様に選ばれることはありません。なぜなら、欲しくても手が届かない価格では購入しないからです。厳選した部材を使い、お客様の望む仕様にするだけではなく、お客様に「少し頑張れば買える!」と思ってもらえるような価格に抑えなければいけないのです。


point03
契約・受注に直結するツールが充実

“PR戦略”と“契約”のために必要な書類はすべて揃っています。エンドユーザー向けの小冊子やCGパース、厳選した部材のイメージ動画DVD、施工事例写真集、各種帳票類がありますので、明日からすぐにでも健康住宅を提案することができます。お客様に「この家が欲しい!」と思っていただくための材料はすべて揃っているのです。

この会社の「仕組み・モデル」を体系化しました

コスモレーベン株式会社 代表取締役 鎌田 俊美 氏コスモレーベン株式会社
代表取締役 鎌田 俊美 氏

■所在地 福岡県福岡市
■設 立 平成19年
■従業員 8名
■受注数 18棟/年

九州・福岡県で地場ゼネコンのリフォームを粗利10%で下請けとして請けていました。しかし、経営が安定せず元請けになることを決意。
今では素材・健康・価格で競合他社との差別化に成功し、若年層から年配層まで幅広く受注しています。「本物の健康住宅」でお客様に喜んでもらい、年間16棟を完工。値引きなど一切しなくても受注になる正攻法の販売法で、粗利も30%以上を維持して安定経営を実現している。

成功者の声を直接聞く!無料セミナー開催中

日程セミナー・イベント内容開催地
2019年11月14日(木) 3時間で分かる工務店の新築受注法終了 広島
2019年11月15日(金) 小さな会社のための働き方改革セミナー終了 大阪
2019年11月18日(月) 伝説の営業研修 体感セミナー終了 愛知
2019年11月18日(月) 地元密着 安定経営を手に入れる4ステップセミナー終了 北海道
2019年11月18日(月) 小さな会社のための働き方改革終了 東京
2019年11月19日(火) 受注増大支援セミナー終了 福岡
2019年11月19日(火) 下請け・紹介受注脱却 講習会終了 宮城
2019年11月22日(金) 社員4人で安定経営する工務店のカラクリ受付中 栃木

ビュッフェ住宅とは

ビュッフェ住宅とは小冊子プレセント