2025年03月06日

新規参入に成功した工務店の事例


テキストテキスト
テキストテキスト テキストテキスト

キャッシュフローについて


いいえ!必要ありません!

お客様とご契約になったら、下記の流れでお引渡しまで進みます。



① ​着手金 ​4割
  建築確認申請が下りたときに着手金が入ります。
​  この時点では、着工前のため仕入れはありません。

② 上棟金 4割

  上棟すると1週間後に中間検査があり、中間検査のさらに1週間後に上棟金が入ります。
  この時点で、請負代金の8割が入金されます。利益率を20%以上で設定していれば、原価はすべて回収できます。
​​  ここまでに立て替えたお金は、約200万円です。

③ 残金 2割

  残金が振り込まれた後にお引渡しです。

 

 

 

教えて!!新築のQ&A

写真
写真
写真

ただし、やり方を間違えると儲からなくなってしまいますので、仕組みをつくるといいでしょう。









写真
写真
もちろん、何もせずに受注することはできないので、お客様との会話を
しなければいけませんが、営業活動は一切しなくても受注できる方法が
あります。
営業経験なし、建築知識なしの女性パートさんでも受注することができる
やり方を、弊社のセミナーでお話ししていますので、ぜひ一度、聞いて
みてはいかがでしょうか?










写真
写真
あまり考えたくないですが、仮に仕事がまったく無かったとしたら原価は0円です。
仕入先や協力業者を探すには、地元の大工さんを知っていれば何とかなります。
現場で一緒になった大工さんに紹介してもらい、業者さんを見つけていく会社がほとんどです。
新築は、リフォームに比べて資金繰りが楽になります。
1年後の売上・利益が読めるようになるため、お金を投資に回しやすくなります。
立替金もほとんど必要ありません。