« 2019年11月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2019年11月04日

意識するだけでも、出来ることだけでも、コミュニケーション

mbaナックの松田です。空気が冷たくなってきて、秋めいてきたというか、あっという間に冬が、きてしまいそうな気温のところもありますね。夢中になってしまった、ラグビーワールドカップも終わり、どことなく、寂しい気持ちもありますが、すぐ、トップリーグも始まりますし、気を取り直して、日常に一旦、戻ろうかなと思います。

今週から、、、


11月9日から7日間、「令和元年秋季全国火災予防運動」が始まります。この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、被害を発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。

子供の頃から、「火災予防運動」は耳にしていましたが、具体的な内容を認識したのはここ最近かもしれません。全国各地、世界の火災ニュースを、目にする度に、自分自身に何か起こった時に、適切な行動ができるか。考えてみると、想像の範囲ですが、正直、何をすれば良いのか、ちゃんとは分かっておりません。また、何かが起こらないよう、できる限り予防を心掛けることが、まずは、大切。ですから、年齢に関係なく、「火災予防思想」を持つことは、命を守るためには、重要なことだと思います。

重点項目に含まれる、住宅に関することで、そういえば、点検の業者さんて、きたことあるかな?と、少し、不安になることもありました。それは、住宅防火対策の推進として、住宅用火災警報器の設置の徹底、適切な維持管理の必要性、方法等の具体的な広報、及び、経年劣化した住宅用火災警報器の交換の推進という、項目です。マンションで、火災報知器も消火器もありますが、ちゃんと動作するか、確認したことはありませんし、消火器の位置もうろ覚えなので、この際、きちんと確認しておこうかと、思います。

予防は、極端ですが、やり過ぎたとしても、何も起こらなければそれが、一番だと思います。様々な自然災害が、多発する近年では、特に、火災予防、防災思想の普及は、大人も子供も関係なく、欠かせません。思想と書かれるとと、なんとなく難しそうな印象を受けますが、意識するだけでも、出来ることだけでも、仮に備えが万全だったとしても、この機会に、火災、災害について、再認識することは、無駄ではないと思います。それでは、今週はここまで。来週をお楽しみに\(^o^)/

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1