« 2019年01月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2019年01月28日

+αで一石二鳥コミュニケーション

mbaナックの松田です。バックナンバーを見返すと、昨年、一昨年と同じ時期に、同じような内容を書いていますが、今年も、インフルエンザが流行し、全国各地での患者数の推移や集団感染や学級閉鎖について、ニュースで取り上げられていますね。

昨年から発売された、新薬の話題もあってか、例年よりも、少し際立っているようにも感じます。やむを得ず、感染してしまうことは、ありますが、できるだけ、感染しないよう予防と、仕事などでは、急遽、休まなければならない状況を想定し、社内での情報共有などを綿密にし、備えておくのもひとつなのかなと思います。

意外だった予防方法


インフルエンザの予防として、基本的なところで、予防接種、うがい、手洗い、マスク着用が、あげられますが、最近、気づいたのは、HPに予防方法を掲載している、歯医者さんが意外とあるということ。歯医者さんが提唱する予防方法を、個人的には、今まで全く、意識したことがありませんでした。具体的な方法としては、、、適切な歯みがきが予防につながる!そうです。なぜ、予防につながるのか?狙いは、口の中の細菌を減らすこと。


ざっくりとした個人的な理解で書くと、インフルエンザウィルスが、人の細胞の中に侵入することを、口の中の細菌が出す酵素が助けているそうです。ですから、口の中の細菌を減らすことで、細菌が出す酵素を減らし、ウィルスへの助けが無くし、細胞に侵入できなくする。これが、感染予防につながる!より、予防効果を上げるのは、適切な歯みがきに加え、歯医者さんなどで行う、定期的な歯のクリーニングなどの口腔ケア。これにより、9割程度、インフルエンザの発症を抑えられたという、事例もあるそうです。口の中のケアがきちんとできていると、細菌が減ることだけでなく、清潔になることで、唾液が粘膜を潤し、これも予防につながります。


正直、仕事、家庭があれば、感染経路を完全に遮断するのは、不可能に近い。うがい、手洗い、マスクも重要ですが、+αで、、、歯を磨く時、丁寧さを意識して、可能であれば、歯医者さんで、歯のお掃除をしてもらう、これが予防につながることを、知っておき、かつ、実行してみると、良いかもしれません。歯医者さんでの歯のお掃除は、虫歯の予防、早期発見にも繋がりますし、この時期は、一石二鳥ですね。

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1