« 2018年07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年07月30日

「健康寿命」と「住宅」営業・接客

mba

ナックの松田です。昨年、夏に足の怪我で、手術と入院をしてからリハビリを、兼ねてランニングを、たまにしています。家の近くのランニングコースがあり、22時すぎとかでも、結構、人がいて、老若男女問わず、皆さん、真剣に走ったり、歩いたりしている姿を、たらたら走りながら、私は感心しております。。。

リハビリきっかけですが、健康のためにも真剣に走ろうかなと、毎日、思いつつ暑さにいつも負けちゃってます(;´Д`)


伸びる健康寿命


健康といえば、静岡県の浜松市から、浜松市が政令指定都市と東京23区(2016年時点)の中で、健康寿命が男女ともに1位だったと発表がありました。


この発表は、厚生労働省が調査する、国民生活基礎調査からの結果が元となっていて、(回答者の主観に左右される部分もあるそうですが)男性73.19歳、女性76.19歳で浜松市がトップとなったそうです。


全国や都道府県別の平均は、全国で男性72.14歳、女性74.79歳。そもそも、「健康寿命」は、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義とされていて、2000年にWHOが「健康寿命」を提唱して以来、寿命を延ばすだけでなく、いかに健康に生活できる期間を延ばすかに関心が高まっています。


ちなみに、日本でも、政府が2040年までに国民の「健康寿命」を3年以上延伸させる方針を固めたという、ニュースが今年、発表されております。


個人としては、長生きに加え、「健康寿命」が延びることは、喜ばしいことが多いのかなと思いますが、国が関心を示す要因として、昨今の、人口減少や超高齢化社会に伴い、増え続ける医療費と、減り続ける労働力など、日本が抱える課題が関連しているみたいですね。


また、経済な面からも、、、高齢者に長く働き続けてもらうことは、社会活力の維持、活発な消費行動を通じての需要喚起、高齢期の貧困の予防など、これからの日本社会にとって必要な取り組みとし、「健康寿命」を延ばすことによる効果に、注目が寄せられています。


「健康」とは、自分のため、家族のため、だと思いますが、国の将来にも、繋がっているのかもしれません。


伸ばすためには・・・


日本が抱える課題の解決には、多くの人の理解と膨大な時間、労力と費用を必要とします。そこに、個人個人の、健康の意識が高まり、生活に根付き、「健康寿命」が延びれば理想的かもしれませんが、最近の世の中は、誘惑や障壁が多いですね。。。


「健康寿命」関連で、いろいろ見てみると、生活習慣に気をつけることと、頻繁にでてきます。充分な睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動、ストレスをためないようリフレッシュ。。。


面白い番組、映画、ドラマが、24時間見ることが可能ですし、コンビニ、ファーストフードなどなど、美味しいものが24時間手に入ったり、それとは別に、仕事や家事では、大変なことが多かったりと、生活習慣に気をつけることとは言っても、自分で節制するにしても、中々の精神力を要す場合がありますね。


ちなみに、私は、すぐ負けます。。。そんな、私のような人や、忙しくてどうしようもない人などは、ちょっと前、ばんばんCMが流れてた、お金をかけて半強制的に改善して、腹筋をバキバキに割るといった方法も、ひとつなのかもしれません。


誘惑や障壁が多い分、「健康」にお金がかけるのは、一般的になりつつありますね。。。そんな中、、、同じお金をかけるのであれば、違う方法もあるのかなと記事を、何点か見つけました。


「健康寿命」を延ばすには住宅から・・・


快適な住宅が「健康」に繋がる。例えば、、、室内の快適性を高めることは、急激な温度変化によるヒートショックの予防になり、暑い寒いがストレスとならない、心地よい空間で過ごすことができる。


また、空気は、人が1日に最も多く、体に取り入れる物質で、多くの時間を過ごす住宅内の空気の質は、健康に、影響を及ぼすことが充分に考えられ、空気清浄、換気は重要。他にも、良い睡眠をとるために、湿度、温度、照明、カラー/インテリアのコーディネートなどで、リラックスできる空間を作る。


などなど、これらが、目に見えて効果がある訳でないかもしれませんが、長期的な面で考えれば、快適だし、健康にも繋がるんじゃないかと思います。


お客様、そのご家族のためを想い、快適な暮らしは健康に繋がり、幸せな生活を育むことができる。「健康寿命」が延ばすということには、こういったメッセージを込めることも、できるような気がします。


そして、そういうふうなベネフィットをお客様に提供できるのは、やっぱり、住宅会社だけじゃないでしょうか。

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1