« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2018年06月04日

プロジェクトに込められたメッセージ経営・人材育成,コミュニケーション

mba

ナックの松田です。最近、近所の図書館をよく利用します。どちらかというと、好きなマンガや、好きな作家の本は、全て集めて、所有したい方なんですが、家族ができてからは、置き場所に困ることが多く、、、

その度、捨てるか売るかの選択を迫られ、今では、所有する本はかなり、厳選されてきています。。。そんな状況を解決してくれるのが、図書館というわけです。


使い勝手もとても便利で、ネットで蔵書を検索して予約ができて、同じ区内の図書館なら、最寄りの図書館まで、取り寄せもしてくれます。


電子書籍が盛況な世の中ですが、、、値段が高い本や、古い本、ハードカバーの分厚い本などなど、図書館を活用できるシーンは、たくさんあるような気がします。


プロジェクトに込められたメッセージ


今日のメルマガのテーマを決めたのは、日曜日に、建築家の安藤忠雄さんの対談をテレビで見たのがきっかけでした。


安藤さんの話は興味深く、プロボクサーだったこと、建築は独学で学んだこと、病気で5つの臓器を摘出しても元気なこと、世界中で仕事しているが、話せる言語は、関西弁のみだということ、などなど、朝早い番組だったのですが、結構、見入ってしまいました。その中で、安藤さんが携わっている、図書館のことを話されていました。


東京、上野にある、国際こども図書館のリニューアルや、大阪市、中之島に建設予定の児童図書館「こども本の森中之島(仮称)」といった、プロジェクトを通し、「子供が活字文化からどんどん離れる中、本当に物事を考えられるのかと思い、児童文学館ができないか」を考えられているということ、また、良い仕事をするためには、時には、議論しぶつかりあうことも大切だともおっしゃられていました。


物事を考えられなくては、主張ができない。主張ができなければ、議論ができない。議論ができなければ、分かり合うことができないし、仕事であれば、良い仕事ができない。私なりの受け取り方ですが、安藤さんの言葉や行動には、こんなメッセージが込められているのかなと感じました。


読解力の重要性


本などを通して活字を読むことで、養われる力として、「読解力」があります。読解力とは辞典によると、「文章を読んでその内容を理解すること」とあります。考えた上で理解に至りますから、読むということは、安藤さんの言われる、物事を考えるということに繋がるのかなと思います。


この「読解力」ですが、しばしば、読解力の低下とスマホやSNSの関係といった、記事をよく目にします。


ある記事によると、、、中高生の読解力の低下は著しく、文法が分からないケースや、テストの問題で何を問われているのかが、分からないから、答えられない、といったことがあるそうで、そこに、スマホやSNSが影響しているのではなかろうかと。。。個人的には、本でもネットでも、読むのは変わらないと思うのですが、一行程度のSNS、ネットの見出しだけで、判断することが増えたように思います。


例えば、、「子どもの読解力低下はSNSが影響か?」こんな見出しが、人から人に伝わる時、「SNSが影響しているらしいよ。」になり、「SNSが影響しているんだって」と、「?」がついていて不確定なはずが、いつの間にか断定的に変わるといった、伝言ゲームのようなことが、日常に存在します。


考えてちゃんと見れば、真意は分かりそうですが、ネット上には、情報が次から次へと溢れかえっていますから考えることが、おざなりになってしまい、これを、、、繰り返すうちに考えることが、疎かになってしまい、表面的な理解になってしまい、本質が分からなるのかもしれません。


これは、子どもだけでなく大人も、当てはまるのではないでしょうか。スマホ、SNSの影響や、そもそも、読解力の低下自体の、事実は定かではありませんが、そうなりそうな要因は、確実に存在していると思います。将来的に、この傾向が、現実に現れてくれば、あらゆる業界の商売にも影響するでしょう。


読めない人は、読まないので、HPやチラシなどに掲載する文章の、概念が変わると思いますし、仕事上のメールも、文章だけでは、伝わらないかもしれません。これは、悲観的な見方ですが、こうならないよう食い止めようと、行動する人たちが存在するのも確かです。


良い意味でも、悪い意味でも、世の中に情報、つまり、考えるネタは溢れかえっていますから、本でも、ネットでも、なんでも、媒体にとらわれず、考えて理解することの意識を、高めていけたら良いのかなと思いました。

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1