« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2018年05月28日

本番前にスイッチオン!

mba

ナックの松田です。5月も終盤に差し掛かりましたね。この時期になると、個人的に、気になり始めることがあります。

今年の夏は暑くなるのかな(・_・;)。。。


夏なので、寒いことはないと思いますが、暑がり、汗っかきの私には、とても、気になるところです。当然といえば、当然ですが、、いろいろ見てみると、、、やはり、暑いみたいです(汗)


予想としては、太平洋高気圧の勢力が例年より強いと見られ、西日本、東日本を中心に暑い夏になるとのこと。思い返せば、昨年の夏は、長雨、天候不順なども影響し、一時的に冷夏なんても言われてましたね。


今年は、その可能性は低いようですが、ダブル高気圧の影響で、暑くなるかもだそうです。今から覚悟しておこうと思います(ー_ー)!!


スイッチを入れてみましょう!


ダブル高気圧のニュースに合わせ、やはりあの会社が、今年も、あの取り組みをしています。あの会社とは、空調事業大手のダイキン!今年の夏も、ダイキンより、夏本番を前にエアコンのスイッチオン!と題し、早期の点検が提案されております。


要するに、夏本番になってから故障が発覚しても、点検や依頼が集中し、対応に時間がかかり、暑い時期に快適に過ごせなくなってしまうかも。ですから、混み合う前に、今のうちに試運転をし、故障の有無を確認し、対処しましょうということ。


これに加え、今年は、全国300人のエアコンユーザーを対象に正しい試運転方法の理解度をはかる調査「エアコンスイッチオンテスト」を実施し、夏本番前のエアコン試運転の必要性に加えて、正しい試運転方法の啓蒙をはかりました。


確かに、今の時期は、特に夜などは、窓をあけておくと、寒いと感じるほどで、冷房をいれる機会が、少ないですけれども、これからのことを考えれば、やるなら今しかないかもしれませんね。


正しい試運転方法


スイッチオンテストの解答と合わせ、プロが教える試運転する理由と方法が、詳しく掲載されていました。急激な冷却は故障の原因にもなりやすく、外気温が低い時期に緩やかな冷却で試運転がおすすめだそうです。この理由からも、やはり、試運転するなら、今の時期が良いのかもしれません。


正しい方法は、まず、冷房の最低温度に設定して、10分程度運転させれば、動作のチェックはOK。ただ、それだけではなく、水漏れがないかや、エアコン内部の熱を吸収する冷媒ガスが循環し、正常に運転するかのチェックとして、30分程度の運転が必要とのこと。


ちょっと手間かもしれませんし、何も異常はないかもしれません。でも、真夏に故障が判明し、修理まで数日かかり、その間に、エアコンが使えず困るよりは、良いんじゃないかなと思います。


自宅や、職場だけでなく、お客様にも、故障してしまって、困ってしまわないように、試運転をおすすめするのも、今の時期がぴったりではないでしょうか。

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1