« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2018年03月12日

ホームページの“プチ改善”でも成果が出る?集客・マーケティング

mba

先週は、自社ホームページのリニューアルについて解説しました。しかし、「リニューアルを行ったばかり」「まとまった時間や予算を取れない」「ネット集客で成功体験が無いから、リニューアルに踏み切りにくい」など、すぐに取り組めないケースも少なくありません。そこで今回は、リニューアルではなく、現在のサイトの「プチ改善」によって集客力を改善する方法を解説します。


ネット集客改善=リニューアルではない


「ホームページにはそこそこアクセスがあり、ページ自体の内容やデザインも問題が無いのに、なぜか反響が少ない」といった場合、リニューアルを行わなくても、ホームページ内のちょっとした改善で、資料請求などの反響数を増加できるケースがあります。


比較的効果が出やすいのが、資料請求・お問い合わせにつながる部分の改善です。「資料請求はこちら」のボタンをより目立つようにしたり、資料請求フォームの入力項目を削減するなど、ホームページに訪れて自社に関心を持っていただいたお客様の「次のアクション」を促進することは、有効な改善手法です。


また、ホームページ内のちょっとしたデザインや文言の変更で、お客様の反応が変わるケースもあります。どこを修正すべきかの判断は、ネット集客に詳しい方でなければ難しいかもしれません。


しかし、まずは日頃ホームページを見ていて「分かりづらい」「見づらい」と感じる点を修正するだけでも良いかもしれません。


ただし、このようなプチ改善は、どの会社でも効果が出るわけではありません。「リニューアルから数年が経過し、手直しはほとんどしていない。アクセスは皆無で、当然問い合わせも無い」といったレベルのホームページは、全面リニューアルでなければ改善は難しいでしょう。


築年数の経った一戸建てと同じように、ホームページも現状に応じて「部分リフォーム(=プチ改善)」か「建て替え(=全面リニューアル)」か、判断が必要です。


プチ改善の成功事例紹介


さきほどご説明した「資料請求・お問い合わせにつながる部分」で、1つの改善事例をご紹介しましょう。


地元では比較的知名度のある、九州のビルダーでの話です。この会社のホームページは、内容・デザインは悪くないものの、資料請求などの反響は、ほとんどありませんでした。


この会社が実践したプチ改善は「資料請求ボタンの変更」です。


もともとのホームページの資料請求ボタンは、小さく目立たないものでした。パソコンではページの下部に少し見える程度で、スマートフォンではほぼ見えなくなっていました。


これを改修し、パソコン・スマホとも、画面上に資料請求ボタンが常時表示されるようにしたのです。わずかこれだけの変更ですが、効果はありました。資料請求ページのアクセス数は約4倍に、実際の資料請求数も、3倍以上に増加したのです。


ホームページのその他の箇所には手を加えていないので、たった1ヶ所の変更だけで、反響数が増えたことになります。


このように、プチ改善で大きな効果が生まれることもあります。最近リニューアルを実施したばかりという方はもちろん、なかなかリニューアルに踏み切れないという方も、まずは現ホームページの小さな改善からスタートしてはいかがでしょうか。


(情報提供:住宅産業研究所)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1