« 2018年02月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  •  
  •  
  •  
2018年02月19日

成長分野を如何に伸ばせるか経営・人材育成,市場動向

mba

ナックの松田です。週末は、フィギュアの羽生結弦選手、スピードスケートの小平奈緒選手、この2人の金メダルで、盛り上がりましたね(^^)/2人だけでなく、日本人選手の活躍もあり、とても良い形で前半戦を折り返し、引き続き、参加されている選手の方々を、応援したいですね\(^o^)/

号外に殺到する人々


羽生結弦選手、宇野昌磨選手がダブルで表彰台を飾った土曜日。各地で、新聞の号外が、配布されました。ニュースでその映像を見たんですが、すごかったですね。。。一部の場所では、配っている人に対して、100人以上の人が殺到していたようです(゜o゜)


ふと思ったのは、いくらデジタル化が進んで、結果をいち早く知れたとしても、どんなに、普段、新聞離れしていても、こういうニュースを、形として残しておきたいと思うなら、やっぱり、新聞の号外の方が、調子の良い考えですけれども、ありがたみを感じますね。


先々週のメルマガでも、新聞について少し書きましたが、新聞業界としても、こういった、大きなイベントやニュースを、どう扱うかによって、部数に影響を与えることなります。


つまり、、、イベントやニュースがあるかないかが、会社の業績にも少なからず、影響するということ。近年の若者を中心とした、「新聞離れ」による業績が低迷している中、内容ありきの新聞は、こういう時に如何に、読者のハートを掴むかは、腕の見せどころです。


そして、実はもうひとつ、新聞業界だけではなく、新聞の売れ行きに業績が影響される業界があります。


新聞には欠かせないものは、情報と、そして、紙ですよね。この紙を製造する、製紙業界にとっても、イベント事やニュースは、収益を得る上で重要だったりします。


スマホ、タブレットの普及で、新聞離れや、本、雑誌、漫画など多くの書籍が、電子化されていることにより、新聞用紙や印刷・情報用紙の需要が減少、そこに、中国からの安価な印刷用紙輸入により、価格面での競争の激化が輪をかけ、収益面で、深刻な影響を及ぼしてます。


こういった状況から、昨年より、製紙業界では、同業の買収や大手同士の資本提携など、大きな動きが見られ、業界再編へと、舵がきられているように思われます。


マイナスなことばかりではなく。。。


苦しい状況にたたされる製紙業界ですが、マイナスなことばかりでもないようです。


例えば、、、EC事業の発展により、ネット通販が爆発的に普及。それにより、商品を送るための、段ボールの需要も合わせて伸び、過去最高を更新する勢いだったり、他にも、以外なところで、インバウンド(訪日客)の増加も、製紙業界に好影響を与えているそうです。


今の日本は、毎年、2,000万人以上の外国人が訪れます。訪れる人々が、ホテルや宿泊施設で使う、トイレットペーパー、ティッシュの需要が、訪日客の増加に比例し、拡大しています。


今後の製紙業界は、これまでの、大きなキャッシュポイントだった新聞や印刷用紙の深刻な落ち込みを受け、大手を中心に、業界再編、事業構造転換を図るとともに、自社の成長分野を如何に伸ばし、新たなキャッシュポイントを構築する動きが、活発になります。


業界、ターゲットが違えど、これは住宅業界にも通じる部分が、あるように感じます。


住宅業界でも、ここ数年、合併、買収、資本提携などなど、業界再編の動きが活発ですよね。これを来たる冬の時代への準備と、捉えれば、自然な流れなのかもしれません。


待ち構える「消費税増税」により、恐らく今回も、増税後の冷え込みは、住宅業界に訪れるでしょう。そうなれば、それまでの、キャッシュポイント=新築が、大幅に減少することが想定されます。


そんな状況を生き抜くために、事業構造転換や、新たなキャッシュポイントの構築を製紙業界と同様に住宅業界も、余儀なくされるのではないでしょうか。


増税の足音が迫ってきている中、自社の新築以外の成長分野や強みの、見極め、もしくは、新たに構築し、備えることは、これから、とても、重要な課題になりそうですね。

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1