« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2016年12月26日

2016年を振り返る住宅商品トレンド~社会編~商品・トレンド,市場動向,ハウスメーカー,耐震・制震・免震関係

mba

2016年4月に最大震度7の熊本地震が発生してから、半年以上が経過しました。前震、本震と一連の地震活動において、震度7が2回観測されたのは、気象庁の観測史上初めてのことであり、その被害も甚大なものとなりました。住宅にも数多くの被害が出ています。

熊本地震発生で広がった復興支援、防災住宅


総務省の発表によると、熊本県では、全壊が8,360棟、半壊が32,261棟、一部破損は138,224棟にも上りました。倒壊した住宅の中には、新耐震基準の規定が強化された2000年以降に建てられた住宅も複数あり、ユーザーはもちろんのこと、住宅業界関係者も驚く被害となりました。


甚大な被害をもたらした熊本地震の後、住宅会社各社は様々な復興支援商品や防災に配慮した商品を相次いで発売しています。


大和ハウスは、熊本地震発生から1ヶ月後の5月14日に、熊本地震復興支援戸建住宅「ジーヴォ・シグマケイ」と「ジーヴォ・ビーケイ」を同時発売しました。


「ジーヴォ・シグマケイ」は、同社の戸建住宅最上位商品であり、繰り返しの巨大地震でも初期性能を維持する持続型の耐震技術を備えた「ジーヴォ・シグマ」をベースに開発されています。


地震エネルギーを吸収する独自の耐力壁を、1階部分の東西と南北の2方向に、従来の「ジーヴォ・シグマ」より2枚ずつ増やしたプランを提案することで、建物の変形量を最大35%低減します。


「ジーヴォ・ビーケイ」は、通常の生活に1日でも早く戻れるように「早く・お求めやすい価格の高耐震・省エネルギー住宅」をコンセプトに開発されました。「ジーヴォ」の特徴である外張り断熱通気外壁の基本性能に加え、地震エネルギーを吸収し、内外装の損傷を低減する「制振パネル」を提案しています。


また、熊本県でニーズの高い平屋建ての参考プランが50プラン用意されており、ユーザーからの多様な要望にも応えられるようにしました。


参考価格は、「ジーヴォ・シグマケイ」が2,470万円(69万円/坪)で、「ジーヴォ・ビーケイ」の平屋建てが1,810万円(60万円/坪)、2階建てが1,950万円(61万円/坪)となっています。


住友林業では、高い耐震性能と太陽光発電システム、雨水タンク等の設備により、防災力を高めた住宅「ビーエフエスアイ レジリエンス プラス」を11月4日に発売しました。同社の独自の木質梁勝ちラーメン構造である「ビッグフレーム構法」で、耐震等級3を確保しています。


また、防災グッズや非常食等を保管できる小屋裏収納や半地下収納等の充実した備蓄スペースに加え、太陽光発電システム、壁掛型蓄電盤、120リットル貯留可能な雨水タンク、災害時に自宅の様子を外出先から確認できるネットワークカメラ付きのテレビドアホン等の防災に関わる様々な設備が採用されています。


これらの設備により、災害によってライフラインが遮断された場合でも、復旧するまでの一定期間を自宅で生活し続けることが可能となっています。参考価格は坪単価64万円ということです。

ZEHビルダー登録制度開始で対応商品相次ぐ


2016年の住宅業界の大きな動きの一つとして、ZEHビルダー登録制度の開始があります。


ZEHの要件を満たす住宅の建築や改修に対して、1戸当たり125万円の補助金が支給される「2016年度ZEH支援事業」を利用するためには、対象となる住宅がZEHビルダーとして登録された事業者によって設計、施工または販売されたものでなければいけません。


12月14日時点で3,969件のZEHビルダー登録がされており、2016年は住宅会社各社によるZEH対応商品の投入が相次ぎました。


トヨタホームでは、4月7日に最新のスマートアイテムを搭載した「シンセ・スマートステージ」を発売しています。新型のHEMSに加え、真空複層ガラスサッシ、高断熱玄関ドアなどを必要に応じて組み合わせることでZEHへの対応力を向上させました。


ミサワホームは、ZEH基準で定められた8つの地域区分のうち、最も厳しい条件が求められる1・2地域の基準を標準仕様でクリアする「ファミリンクゼロ」を10月8日に発売しました。


外皮熱損失を抑える建物形状、基礎部分の断熱性能強化、アルゴンガス入りトリプルガラスの樹脂サッシの採用で、建物全体の断熱性能を向上させました。ミサワホームでは、2020年の全国の新築戸建て住宅におけるZEH普及目標を90%としています。

(情報提供:住宅産業研究所)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1