« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2016年02月08日

売上って何でできている!?集客・マーケティング,経営・人材育成

こんにちは!ナックの長(ちょう)です。
先週から関東や台湾など、各地で地震のニュースが多く、防災・耐震への関心も再び高まってきそうですね。

さて、先々週からお伝えしている、「ちゃんとした売上UP」に向けたお話。もとはといえば、私が以前経営していたお店で、失敗→起死回生したことから学んだことなのですが(^^;

先週を振り返ってみると、
まずは自社の周りを見て、
競合がどれだけいるかを見てみよう、
ということをお伝えしました。


例えば、
自然素材住宅を打ち出している会社で考えてみると
こういうことです。

図で見る


私の店は、右のパターンの競合だらけな環境でした。。。


私たちの住宅業界も、
多くの場合、周囲には競合がいますよね(^^;

今週は、その競合が多い中で
私が売上UPをはかってきた考え方をお伝えます。


■ 売上=客単価×客数
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

売上をアップさせるために、大切だったのは、

売上がどのような要素でできているかを
考えてみることだったんです。

以前6月22日のMBAメルマガで、

利益=収入-経費

なので、収入(売上)UPと併せて
支出(経費)DOWNも大切というお話をしました。

※バックナンバーはコチラ

同じように、売上も

売上=客単価×客数
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というように、考えることが大事だったんですね。

それを最初は理解できていなかった私は、
「とにかくたくさんドリンクや食べ物を売ればいいんだ!」
と思っていたんです。


もちろん失敗しました。。。

そこから売上をアップさせるために、

・客1人当たりいくらの売上とするのか
・月間何人の客数を呼び込むのか

これらを考えながら動くようにしたんです。


■ 住宅業界では、、、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲食業界と比べると、
圧倒的な高額商品を扱う私たちの住宅業界。


どうしても、売上というと、
受注棟数・契約数(客数)といったところに目が行きがちですが、

どんな業界でも

売上=客単価×客数
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という基本的な考え方は一緒なんです!


受注(客数)を伸ばすことも、もちろん大切ですが、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
同時に契約単価(客単価)に目を向けることも、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
同じくらい大切です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


例えばアナタが

「今年は1億円の売上をあげるぞ!」

と目標を立てたら、


それを、例えば、

2500万円×4棟で達成するのか、

1000万円×10棟で達成するのか

または、2500万円×2棟と1000万円×5棟で達成するのか、


そこまで考えてみてください。

そうすることで、アナタの会社が取るべき作戦が、

・客単価(契約単価)を上げる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・客数(契約数)を増やす
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どちらに重点を置くべきかが見えてくるはずですよ♪


工務店MBA事務局
長 正之(ちょう まさゆき)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1