« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2016年01月18日

2016年の住宅市場はどうなる?(前編)業界ニュース,市場動向

昨年、2015年の住宅市場は、消費税5%→8%からの反動減を大きく受けた2014年に比べると住宅着工は上向きだったと言えますが、持家よりも貸家が市場を牽引した形で、住宅着工の年度計は前年比約5%増の92万戸程度に落ち着くと見られます。

2016年の住宅市場はどのような動きを見せるのでしょうか?

一番のトピックは消費税の8%→10%への増税です。


景気動向によっては
増税時期が再び延期される可能性もありますが、
順当にいけば消費税10%の開始は2017年4月、
注文住宅の契約経過措置は今年の9月末までとなるでしょう。


これまでの消費増税時の市場の動きを振り返ると、
増税前の税率での契約期限前の1~2ヶ月に
集客・受注が集中する傾向にありました。


今年も7~9月頃には駆け込み客が殺到すると予測されます。


集客が多いのはうれしいことですが、
その時期が偏ることはデメリットも大きくなります。


あまりに集客が多いと顧客管理が煩雑になり、
本来取れるお客様を逃して生産性を低めることとなります。


8%のうちにと契約を急ぐお客様に対し、
説明が不十分なまま急ぎで対応をすると、
契約後のトラブルにつながります。


また、契約時期が集中すると職人の手配や工期にも無理が生じ、
施工品質を落としてしまう原因となります。


■ 消費増税駆け込みにどう対応するか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

駆け込みに伴う集客・契約・施工の集中を避ける対策としては、
まずはスタートダッシュをかけること。


この1~2月の集客で
住宅購入を具体的に検討している客層に対しては、
早く動くことのメリットを解いて、
できれば6月までに受注してしまいたいところです。


一方で、あまり急いでいない、
先送りできるお客様は10月以降まで
契約を延ばすというのも一つの手段です。


というのも、消費税が上がる一方で、
各種支援策やコストダウンによるメリットもあり、

購入する住宅の価格や、購入者の年収、
親御さんからの援助の有無によっては、
消費税10%で買うほうがメリットが大きい、

もしくは8%時と比べても
それほど損をしないケースもあるからです。


具体的には、贈与税の非課税と住まい給付金のメリットを受けられる、
下記のようなケースです。


(1)親からの住宅資金贈与が1500万円を超える

贈与税の非課税枠の上限は今年1月からは1200万円となりましたが、
10月以降は3000万円まで非課税で贈与できるようになります。

およそ1500万円以上の贈与が見込めるのであれば、
建物価格によっては8%→10%の増税分よりも
贈与税非課税の恩恵が大きくなるケースがあります。


(2)住まい給付金拡充のメリットが大きい、
   年収425万円~600万円の世帯

世帯年収によっては、
住まい給付金額が8%時よりも30~40万円増えます。

1500万円の住宅にかかる消費税は、
税率8%では120万円、税率10%では150万円で、その差は30万円です。

つまり、1000~1500万円程度のローコスト住宅を購入するのであれば、
消費増税後に購入しても
住まい給付金で増税分をカバーできるということです。


以上のようなケースがある一方で、
住宅購入資金の贈与を受けない場合は、
非課税枠拡大の恩恵を受けられませんし、

高額の住宅を購入する場合、
例えば4000万円の住宅の場合は
8%と10%の消費税の差額は80万円となり、
その差は大きく、増税前に買うほうが得ということになるでしょう。


この1年の戦略をまとめると、

・今動いているお客様はできるだけ早く、
 6月までに受注して余裕を持つ

・7~9月は駆け込みのお客様にも丁寧に対応して
 引き渡し後のトラブル回避

・消費税10%でも損をしないお客様は10月以降に先送り

・3月までに引き渡し可能な規格住宅や分譲住宅で年度末の追い込み

といった流れが理想的です。


特に「いつが買い時か」ということについては、
消費税8%のうちに買うことだけが
得をするわけではないということを念頭に置いて、

顧客の年収や購入を希望する住宅の価格帯に合わせて、
適切な時期をアドバイスできるようにしておきたいものです。


(情報提供:住宅産業研究所)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1