« 2020年12月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2015年08月10日

異業種参入で住宅産業の裾野が広がる(後編)業界ニュース,ハウスメーカー,太陽光/省エネ/ZEH関係

前回は異業種の住宅関連事業参入の一つとして、Amazonのリフォーム参入を紹介しました。
今回は、その他の異業種のトピックをいくつか見ていきます。


■ 電力自由化による異業種連携
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年から低圧電力の小売りが自由化され、
大手電力会社による電力販売の独占体制が終了します。


ユーザーが電力会社を自由に選べるということで、
そのパイを確保するため、新規参入する業者が増え、
また様々な事業者が提携を進めています。


既存の電力会社では、東京電力がソフトバンクや
Tポイントと提携してサービスに付加価値を付け、
関西圏にも進出していく計画です。


一方、関西電力はKDDIと組み、携帯電話やインターネットサービスの
契約者への電力販売を進めていくとのこと。


新勢力で最大となるのが、NTT、東京ガス、
大阪ガスが出資するエネットです。


スマートメーターとIT技術を介して、
契約者が電力を上手く利用できるようなサービスを始めるようです。


楽天ではeコマース(電子商取引)の一商材として電力を位置付け、
電力システム改革への対応を進めています。


楽天トラベルで契約している宿泊施設向けに、
既存の電力会社と新電力からより安価な電力を調達し、
電気料金の支払いを代行するサービスを開始するそうです。


住宅会社でも、大和ハウスやミサワホーム、
大東建託などが新電力として登録しています。


住宅性能の訴求と合わせた電力供給の提案は、
他社との差別化の一つとなってくるかもしれません。


工務店・ビルダーも、自社で電力事業に参入しないまでも、
ウィンウィンの関係を築ける提携先があれば
差別化の有効手段となり得ます。


■ ソフトバンクとヤマダ電機が連携
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家電業界では、ヤマダ電機が2015年3月期に
大幅な減収減益となりました。


これを踏まえ、不採算店舗の閉店を進めていますが、
新たにソフトバンクが出資し、資本・業務提携を結びました。


ヤマダが持つ店舗網と、ソフトバンクの通信事業を融合して、
暮らしに関する新たなサービスの提供を計画しています。


これからヤマダでは高齢者の見守りサービスを始める予定ですが、
これ以外にも、生活全般のサポートサービス、
ロボット技術を活かした介護サービス、電力サービスと
住宅・リフォームの連携などが想定されます。


■ イオングループの事業展開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小売業者の最大手であるイオングループは、
小売業の周辺の生活産業にも手を広げてきています。


中でも右肩上がりで収益を拡大しているのが、
クレジットカードや銀行などの総合金融事業です。


イオン銀行では住宅ローンも扱っており、同行で住宅ローンを組むと、
イオンでの買い物が5年間5%割引になるという特典があります。


住宅関連では、2006年にリフォーム、
2011年からは不動産仲介に参入しています。


リフォーム事業では、イオン店舗内にシステムキッチンやユニットバス、
トイレ、太陽光発電などの設備を展示し、
材工込みの定額パックで小規模リフォームを捕捉しています。


施工は地元工務店などの協力会社が行っており、
施工店の体制が整い次第、今後は外壁塗装や断熱リフォームなどの
大型工事も請けられるようにする計画です。


その他の生活関連事業では、家事代行サービスや葬祭事業も展開し、
新たに介護事業に本格参入します。


一昨年からイオン葛西店で定員29名のデイサービスを
実験的に行っていましたが、14年度に黒字化したため
今後は多店舗展開を進め、
首都圏を中心に2020年までに50ヶ所を設ける計画です。


住宅会社でも、不動産売買・仲介、リフォームなどの相談も受けられる
ワンストップ型の店舗形態は増えてきていますし、
家具やガーデニング用品店をショールームに併設するケースもあります。


大型のショールームであれば、ショッピングセンターと同様に
地元の小売事業者をテナントで入れるという方法もあります。


また、暮らしに関わるサービスの提供は、
住宅関連の需要創出効果が期待できます。


家事代行からリフォームに、
終活相談から不動産買取や介護施設の斡旋に、
子育て支援から住宅の取得につながる可能性は少なくありません。


そして、それぞれのサービスを連携させて顧客を囲い込むことによって、
暮らしにかかわる様々な需要を捕捉することができるはずです。

(情報提供:住宅産業研究所)

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1