« 2018年06月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2015年06月01日

あなたは町のヒーロー!営業・接客,コミュニケーション

こんにちは!ナックの長(ちょう)です。
ここ最近、私の住んでる近くでは、養生シートに覆われた家が目につき、新築だけではなく、リフォームを行う人も多いようです。今号の後半部分では、ビルダー・工務店が目指すべきリフォーム事業についてもお伝えして参りますので、最後までご覧になってくださいね。

さて、先週のMBAメルマガでは、イベントなどで出会ったお客様に、自分自身を印象付けるテクニック、中でも、「お客様に好かれる会社」になるために「繰り返しアプローチしましょう」という内容をお伝えしました。☆詳しくは前回のメルマガをご覧ください☆

今週は、「あなたの魅力をもっともっと伝える」ための内容です。


お客様に、

「繰り返しアプローチしましょう」

とはいっても、同じお客様に
毎日会えるわけではないので、限界はある・・・。

今週は、そう思ったあなたに
特にお伝えしたいんです。

前回と同じように、
気付きは私の子育てからでした(笑)


■ パパはヒーロー!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、先週に引き続き、
子育てを学ぶ中で知ったテクニック。


私は、千葉から新宿の職場に通勤してるのですが、
往復4時間の通勤+仕事している時間を考えると、
平日、愛娘と触れ合える時間はわずか。


会社に行く前と、あとは運が良ければ
私が帰宅した時に起きてる
・・・といった感じです。

私の好きなアーティストが、


『♪家族にとってのヒーローになる為
 転んでも立ち上がるんだぜ

 ネオン街の誘惑 すりぬけて週末
 家で待つ愛しいファミリー その笑顔がある限り♪』


なんて歌ってたのを口ずさみながら
通勤しています(^^;

先週MBAメルマガでお伝えした
「愛してる100回」は、たった100回なので、
家を出る前にはクリアできるのですが、、、


どうしても、
世のお父様方と同じように、働いている以上、
子供と触れ合える時間は絶対的に少ないものです。


そんな時に学んだのが、
娘にとって「パパはヒーロー」
になるための方法でした。


■ パパがヒーローになるために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

親子3人で参加した勉強会。


さて、絶対的に娘と触れ合える時間の少ない私が
ヒーローになるための方法とは、、、


「パパはすごいんだよ!」ということを、

母親の口から子供に伝える
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということでした。

普段あまり会えない父親のことを、

「パパってこういうところが素敵なんだよ(^^)」

ですとか

「私たちが暮らせてるのは
 パパが一生懸命働いてくれてるからなんだよ(^^)b」

ということを、

パパ本人でなく、他の人が子供に伝える、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということが大切だそうです。

そうすることで、子供は

「私のパパってすごいんだ!」

と思いこむんです。

もっと言うと、母親だけでなく、
例えば、地域コミュニティーの中などで、

「○○ちゃんのお父さんはすごいんだねー」

って言われて育った子供は、
父親のことをすごく誇りに思い続けるんだそうです。

なぜかと言うと・・・

人は、本人から聞くだけでなく、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第三者から聞いた「良さ」の方が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
魅力を感じるからなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


確かに、飲食店でも、

「うちの店はおいしいよ!」

と自分で言ってるお店よりも

「あそこのお店おいしいんだよ!」

と人に言われてるお店の方が魅力的ですよね!

人が、他人の言っていることをあてにするからこそ、
今は、飲食店、家電、美容院、保険、住む場所、などなど、、、


どんな商品・サービス・お店などを選ぶにしても、
「口コミサイト」が存在するというのも納得ですね!

■ もっともっと魅力を伝えるために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、あなたの会社は、
地域のお客様にとってのヒーローになれていますか?


あなたは自社の魅力を
地域に対してしっかりアピールできていますか?


このMBAメルマガを読んでくれているあなたは、
地域の方の幸せ、契約してくれたお客様の幸せを、
本気で願って家づくりをしていると、確信しています。

ただ、そのあなたの家づくりへの想いが
地域に対してしっかりと伝わっているかどうか、
今一度考えてみてください。

もし、

「まだまだもっともっと伝えられるな」

と思うのであれば、
HP、チラシ、ニュースレタ−などの販促媒体を通じて、
実際にあなたの会社で家づくりした人の、


「○○会社さんで家を建てて、こんなとこが良かったよ!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「○○会社さんはこんなとこが素敵だよ!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


というように、第三者の喜びの声として、
地域のお客様にアピールしていきましょう!

もちろんそのためには、建てる前だけではなく、
引き渡した後のお客様とのつながりも大切です。

アフターメンテナンスやOB客のイベントなどで、

「やっぱり○○会社さんで建てて良かった!」

と、ずっと思われるようになりましょう♪

ちなみに、私は埼玉に住んでいた時に
埼玉のお店で車を買いましたが、
今でも車検や定期メンテナンスには、
片道2時間かけてそのお店まで行っています。

というのも、買った後にも良く手紙をくれたり、
時には電話で様子を聞いてくれたりするからです。


さらに、そのお店の人は、
近くのアミューズメント施設や、
飲食店の優待チケット等もくれます。

さすがに私は遠くて、
優待サービスを受けには行けないのですが、

千葉に引っ越した後でも、
それだけ自分のことを気にかけてくれているお店なので、
やはり人には強く勧めますし、実際に紹介した友人も数名、
そこのお店で車を買いました。


このように、
自社の魅力をもっともっと地域にアピールするためには、
あなたの会社で家を建てた人や、
あなたと関わった人たちが


「ここの会社で家を建てて本当に良かった!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「○○さんと出会えて本当に良かった!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と本気で思えるように、
常に建てた人や関わった人を大切にしていきましょう!

娘にとって「パパはヒーロー!」となるように、
地域で「○○会社さんはヒーロー!」となれたら・・・

地域の人は、必ずやあなたの会社で
家を建てたくなるはずですよ!

後半の内容に続きますが、
万が一他社で建てた人であっても、
リフォームなどではあなたの会社に頼りたくなるはずです!

あなたは、あなたの街のヒーローなんです!

工務店MBA事務局
長 正之(ちょう まさゆき)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1