« 2019年08月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
2019年06月03日

大手メーカー決算に見る2019年度の住宅市場ハウスメーカー

mba前回に続き、大手ハウスメーカーの決算データを見ていきましょう。今週は、上場3社が開示している2019年度の予測をもとに、今年度の住宅市場の動向を考えます。(上場3社=大和ハウス工業・住友林業・旭化成ホームズ)

販売:2018年度の上向きトレンドを反映しプラスに

まずは、各社の販売予測です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------

【2019年度戸建販売件数】
(%は前年比・注文住宅と分譲住宅の合計)

大和ハウス工業  :▲4.5%(8,320戸)

住友林業     :+7.1%(8,460棟)

旭化成ホームズ  :+0.9%(9,945戸)

----------


3社のうち2社がプラス予測となりました。前回もお伝えしたとおり、2018年度の受注が、ここ数年の中では比較的上向きであったことに加え、3月に増税駆け込みが一定数発生した影響を受け、比較的前向きな予測が目立っています。


受注:マイナス予測が目立つ


では、気になる受注の予測はどうでしょうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------

【2019年度戸建受注件数】
(%は前年比・注文住宅と分譲住宅の合計)

大和ハウス工業  :▲5.4%(8,500戸)

住友林業     :▲6.0%(8,000棟)

旭化成ホームズ  :+4.1%(10,400戸)

----------

こちらは販売とは一転し、3社のうち2社が前年割れの予測です。前回ほどではないとは言うものの、予想を上回る駆け込みが発生したことによる、「反動減」を見越した予測と言えるかもしれません。実際、4月の大手各社の受注は、多くが前年割れとなっています。また、受注の先行指標となる集客も、4月~5月にかけては苦戦が目立つようです。今後、10月に予定されている消費増税に加え、世界情勢の不安定化などで景気悪化が生じた場合、ようやく上向きつつあった住宅市場が、再び停滞する可能性もあります。しかし、この1年は増税支援策などもあり、「住宅は今が買い時」訴求しやすい時期であることは間違いないでしょう。特に、低価格~中価格帯をボリュームゾーンとする住宅会社の場合、支援策の恩恵を最大限享受できるこの1年は、積極的な集客・営業仕掛けが求められるところです。検討が長期化しているお客様の掘り起こし・ランクアップはもちろんのこと、「いつか買おう」と考えている潜在顧客層に向けたPR活動でも「今が買い時」の気づきを与え、来場・商談を増やす工夫も必要ではないでしょうか。

(情報提供:住宅産業研究所)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1