« 2019年08月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
2019年05月27日

大手メーカー決算で振り返る2018年度の住宅市場ハウスメーカー

mba大手ハウスメーカーの2018年度決算が、5月中旬までに出揃いました。多くのハウスメーカーでは、この決算発表において、2018年度の販売・受注実績と、2019年度の販売・受注予測を開示しています。今週と来週は、上場ハウスメーカー6社の開示する販売・受注データをもとに、住宅市場の現状と今後について分析します。まず今週は、2018年度の実績を見ていきましょう。(上場ハウスメーカー6社=積水ハウス・大和ハウス工業・積水化学工業・ミサワホーム・住友林業・旭化成ホームズ。積水ハウスのみ1月決算、その他は3月決算)

販売:市場停滞を反映しマイナス目立つ


まずは、各社の販売実績です。

----------

【2018年度戸建販売件数】
(%は前年比・注文住宅と分譲住宅の合計)

積水ハウス    :▲8.4%(11,636戸)

大和ハウス工業  :▲5.5%(8,716戸)

積水化学工業   :+3.2%(10,200棟)

ミサワホーム   :▲5.5%(6,508戸)

住友林業     :+0.5%(7,900棟)

旭化成ホームズ  :▲2.3%(9,858戸)

----------


販売単価の上昇や経営多角化によって、売上自体は増加しているものの、戸数・棟数で見ると、軒並み前年割れという結果です。販売実績は、2017年度~2018年度前半の受注実績を色濃く反映します。2014年ごろから続く住宅市場の停滞傾向が、そのまま販売実績に跳ね返っていると言えるでしょう。


受注:緩やかな市場回復と3月駆け込みで全社プラスに続いて、各社の受注実績です。


----------

【2018年度戸建受注件数】
(%は前年比・注文住宅と分譲住宅の合計)

積水ハウス    :+2.6%(11,061棟)

大和ハウス工業  :+1.3%(8,983戸)

ミサワホーム   :+0.7%(7,177戸)

住友林業     :+11.9%(8,513棟)

旭化成ホームズ  :+2.0%(9,986戸)

----------


こちらは、開示5社すべてが前年比プラスとなりました。中間決算の時点では前年割れとなっていた積水ハウス・大和ハウス工業・ミサワホームも、通期ではプラスに転じています。プラスの理由は大きく2つ。まず1つは、住宅市場の緩やかな回復基調です。前述の通り、ここ数年は市場の停滞が続いていましたが、2018年度に入り受注の回復が見られるようになり、特に後半はその傾向が顕著でした。長年の停滞で前年比のハードルが下がっており、力強い回復には見えないかもしれませんが、それでも上向きつつあるという事実は明るい材料といえます。もう1つは、消費増税を見据えた、「駆け込み」です。各社の3月単月での受注実績は、軒並み前年比で2ケタ増となっており、前回増税時ほどではないものの、一定の駆け込みが発生した模様です。特に、増税後の支援策を利用するよりも、8%での契約でのメリットが大きい高価格帯のお客様が動き、ハウスメーカーに流れたものと思われます。次回は、2019年度の各社予測を見ていきましょう。


(情報提供:住宅産業研究所)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1