« 2018年07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年07月23日

体感気温-5℃~-10℃

mba

ナックの松田です。猛暑ですね。。。昼間だけではなく、早朝から30℃超え、夜になっても25℃超え、となる地域が結構あり、まだまだ7月で、このまま、8月になったらどうなってしまうのか、若干、不安になります。そんな中、、、

暑さが和らぐ、こんな良い方法があったのか!?ん~でも、どうしようかな。。。という方法を目にしました。


○○男子のススメ


目にしたのは、あるものの売上が好調だというニュースでした。

その、あるものとは、「日傘」

「日傘」は定番中の定番でしょと思ったんですが、最近、、、男性用の日傘なるものが存在し、売上好調とのことです(゚д゚)!


SNSには、「日傘男子デビュー」の報告をする男性もいて、関心が高まっているそうです。漠然と、「日傘」といえば、直射日光を避ける、日焼けしたくない、女性がさすものというイメージが、あるように思えますし、私だけかもしれませんが、そもそも、日傘をさしている男性を見たことが、あまりないような気がします。


当然のことながら、夏なら特に、日陰のほうが涼しい。これは、男性でも女性でも、変わりないことなので、確かに、理にかなっていますよね。暑がりの私は特に、絶対、役に立つはず。


ん~でも、分かってはいるけど、なんとなく、手が出にくいし、実際に、使ってみるのはちょっと、抵抗というか、勇気がいるかもなとも感じます(・・;)


背に腹は代えられない


とは言っても、この歴史的な猛暑の中、熱中症の被害も絶えない状況では、恥ずかしがっていて、めんどくさがっていて、直射日光を浴び続ければ、日射病、熱中症のリスクは高まります。


また、男性だから、直射日光に強いなんてことも、この猛暑の中では言ってられませんよね。


ちなみに、、、「日傘」をさすと、体感気温で、-5℃~10℃ほど低く感じられるそうです(゚д゚)!これは、すごくありがたいですね。帽子をかぶるという手も、あるかもしれませんが、ビジネスシーンにおいては、髪の毛が乱れたりと、向いていない場合もあるかもしれません。


実際に、どんなものが、売っているのか調べてみると、男子用日傘では、「晴雨兼用」、「折りたたみ式」、「小型」、「軽量」、「遮熱」、「遮光」の、商品が売れ筋みたいです。連日の猛暑の影響を心配して、旦那さん、お父さん、家族に、プレゼントする人もいるみたいです。個人的にも、必要性は理解してても、まだ、躊躇する気持ちは拭えません。


ただ、、、今年のような暑さが毎年続くとして、自己防衛の方法と捉えられれば、恥ずかしさや世間体はどこ吹く風で、近い将来、普通になる可能性は高いのかなと思います。ん~やはり、体感気温-5℃~10℃は、魅力的なので、試しに1本買ってみましょうかね。。。

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1