« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2018年03月05日

ホームページリニューアルの進め方集客・マーケティング

mba

「ネット集客を真剣に悩むビルダー・工務店が急増している」ということを、今年初めのメールマガジンでご紹介しました。ネット集客強化のためにできる具体的な施策は数多くありますが、多くの方が検討の選択肢に挙げるのが「ホームページのリニューアル」でしょう。

確かに、現時点でネット集客に苦戦している会社が、根本的な底上げを図るためには、リニューアルが最も効果的な施策であることは間違いないでしょう。


しかし、リニューアルは進め方を誤ると、「時間もお金も掛けたのに、効果が無かった」という結果を招く可能性もあります。今週は、ビルダー・工務店がホームページリニューアルを行う際、最低限気をつけていただきたいことを解説します。


ビルダー・工務店が陥りがちな落とし穴


ビルダー・工務店の場合、ネットに詳しい専任スタッフが在籍するケースは少ないため、どのように進めれば良いか分からず、悩んでしまうことが多いようです。


その結果、多くの会社が陥ってしまうのが「ホームページ制作会社に丸投げする」という状況です。


中には、制作会社に対して会社のチラシやパンフレットを渡し、簡単な会社説明をするだけで、制作をお任せしてしまう会社もあると聞きます。この「丸投げ」が、ホームページをリニューアルしても思うような成果を出せない、最大の落とし穴となり得るのです。もちろん、実際のホームページ制作は、専門知識を持つ制作会社に任せて良いでしょう。


しかし、丸投げで制作したホームページは、見た目は良くなるかもしれませんが、自社が求める成果(資料請求・お問い合わせなど)を獲得することはできません。


なぜ、プロであるはずの制作会社に依頼しているのに、成果が出ないのでしょうか?それは、ホームページの発注者であるビルダー・工務店側が、「ホームページをリニューアルする目的」を、制作会社に伝えていないからです。


制作会社へ依頼する前にやるべきこと


ホームページのリニューアルを検討する際には、まず自社のスタッフで、最低でも下記の3点を決めましょう。


【1】ターゲット

どのようなお客様に向けて自社をPRするのか?
(地域・世代・家族構成・予算など)


【2】コンセプト

ホームページを見たお客様に、自社の何を伝えるのか?
(自社の特長・他社との差別化ポイント・載せる情報の方向性など)


【3】ゴール

ホームページを見たお客様に、最終的に何をしてもらうのか?
(資料請求・展示場の来場予約・リフォーム見積もり依頼など)

いずれも、ネット集客で成果をあげるために必要なポイントばかりです。しかも、ネットやホームページの知識が無くても決めることができます。


この3点を決め、制作会社に伝えることができれば、「この目的を達成するためのホームページ案」を提案してもらうことができます。


自社と制作会社がお互いにホームページの目的を共有できている状態ですから、完成までのやり取りもスムーズに進むでしょう。


ホームページの知識が無くても、ネット集客で成功することは可能です。そのためには、上記に掲げた3点を、社内の皆さんでよく話し合いましょう。


(情報提供:住宅産業研究所)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1