« 2022年04月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2016年01月25日

ダメダメな売上、作ってませんか?経営・人材育成

こんにちは!ナックの長(ちょう)です。
ついこの間、2016年がスタートしたばかりだと思っていたのに、もう1月も終わり、来週からは2月です。

以前のMBAメルマガなどで、昔私が飲食店を経営していた時のことをお話しましたが、よく商売でニッパチなんて言われる、2月と8月は売上が伸びない時期、飲食業界ではこれが顕著でした。

私たちの建築業界でも言われますよね(^^;
今週は、そんな中、「今月は売上がヤバい!」と追い詰められた私がやってしまった、大失敗のお話です。。。


■ 売上がヤバい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私がやっていた飲食店では、

通常営業としてのドリンクや食事とは別に、
パーティーコースの予約注文が
売上の一部と利益の多くを担っていたのです。


例えば5,000円の2時間コース×50名の予約が入ると、
それだけで、その日1日で250,000円分の売上が確保できます。


このパーティーコース、普段は前の月には翌月分の予約が、
半分~7割くらいは埋まっているのです。


しかしその年は、1月の終わり時点で、2月分の予約が0!
2月の売上が1円も見えない状態からのスタートでした。


しかも、あろうことか、
初のノーゲス(お客さんが全くいない)の日を
作ってしまったのです。。。

そんな中、目先の売上に目のくらんだ私は、

商売をやっていくのであれば、
絶対にやってはいけないことを
やってしまったのです。。。


■ 取ってはいけない注文~きっかけは、、、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ただでさえ、ニッパチで客数が少ない毎日、
さらにパーティー予約も無く、

喉から手が、いや、喉から腕が出るほど売上の欲しかった
私の目の前に、突然その機会はやってきました。

週末金曜日、夜の12時ごろ
3人組の男性が現われました。


今思えば、その変わった様子を見て、
気付くべきだったんです。。。
そして断るべきだったんです。。。

(どんなお客さんだったかは、
 下の会話からご想像ください)

男:「あさっての日曜日なんだけど、
   パーティーしたいんだけど
   店長いる?」


長:「私でございます。(顔が恐いなぁ。。)
   何時からでしょうか?どのような内容ですか?」


男:「会長の誕生日で、夜の12時からでよろしく!」


長:「(会長!?)(夜12時!?)
   かしこまりました。
   ご予算や人数は?」


男:「1人8,000円で53人。」


長:「合計424,000円、消費税込みで445,200円です。
   何かご希望はございますか?
   (やったぁ!なんとか売上を確保できる!!)」


男:「消費税は負けてよ。
   あと、端数も引いて400,000円でいいでしょ!」


男:「それと、別途でドンペリの金を1本と白を7本。
   
   あとカラオケを用意して、
   オヤ・・・、いや会長には一人つきっきりでサービスしといて」


長:「(今、一瞬『オヤジ』って言いかけたよね!?)

   (ゴールドのドンペリ置いてないし、
    カラオケなんてもっと無理だし、、、)

   (そもそも45,200円は端数じゃないでしょー!)

   (1人つきっきりにしたら、
    その分人件費が丸々ムダに。。)」


そんな無数のツッコミや思いが、
一瞬頭の中をグルグルしたものの、
思わず口から出たのは、、

長:「かしこまりました!!」

言っちゃぁいけない一言でした。


■ 取ってはいけない注文~結果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結果としてどうなったかというと。。。


翌日なんとかしてドンペリを入荷しました。

カラオケ機材もレンタルしました。

53人分の食材やらアルコールも発注しました。

そんな夕方、電話が鳴ったんです。


男:「長さんね。
   会長がシャンパン嫌いだってんで、
   赤に変えるんだけど、俺らが持って行くよ。

   それと、人数が60人に増えるけどオマケしといて!」


約30万円分のシャンパンが、無駄になりました。
メニューに載せてないので、はける予定もありません。

慌てて約10人分の食材も追加発注しました。

そしてその夜、
まさにこれから明日の仕込みを始めようとするその時に、

再び電話が鳴ったんです。

男:「長さん、会長が、体壊しちゃったもんで、
   明日のパーティーはキャンセルでよろしくね。」


■ 大事なのは、ちゃんとした売上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目の前の売上に目がくらみ、

こういう言い方は良くないかもしれませんが、

「取ってはいけない注文」

に手を出してしまった結果です。


結果として、自分の首を絞めただけです。

みなさんの中にも、
似た経験をした方はいらっしゃいませんか?

明らかにクレーマーな人であっても、
受注しそうになっちゃったり、
または実際にしちゃったり。

「売上が立たないと、今月暮らしていけない!」

「っていうより支払いが!」


そんな時、目の前に「売上」とうエサがぶら下がると、

思わず飛びついちゃいそうになります。

以前、6月15日~のMBAメルマガでも少し触れましたが、

例え1億円売り上げたとしても、
9999万円経費にかかっちゃったら意味がありません。


ちゃんと「利益」につながる
「売上」を作ることが大切なんです。


あの頃の私はそれに気付けてなかったんですね(>_<)


次回からは、こんな経験から気付いた
利益につながるような「売上UP」についてお伝えしたいと思います。


⇒バックナンバーはコチラから


それではまた来週!


工務店MBA事務局
長 正之(ちょう まさゆき)

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

個人情報取り扱い合意書
同意する
入力された個人情報の取り扱い方法、利用目的は、ここをクリック

 
Google +1