« 2020年01月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2016年01月11日

続:一年の計を正月に!!経営・人材育成,目標達成

こんにちは!ナックの長(ちょう)です。
今日は成人の日。思えば15年前の私が二十歳になった年、私は大学生で横浜に住んでおり、本籍は大分、住民票は横浜、でした。

大分の地元の友人から、「うちの町は、若者を欲しがってるから、本籍がある人にも、町から成人式の招待状が届くんだって~」なんて聞いていたのですが、本籍地大分と住民票の横浜、両方ともから案内が来ないというまさか。そんな悲しい成人式でした。。。

さて、先週のMBAメルマガでは、

「明確な目標を持っている学生は、
 持っていない学生の600倍もの資産を手に入れた」

という、「明確な目標」についての内容をお伝えしましたが、

今日成人式を迎える新成人たちにも、
しっかりと目標を持って進んで欲しいものです。


でも、「明確な目標」を持つためには、
普段どんなことを心掛けてればいいんでしょう?


■ 「明確な目標」を描く「イメージ力」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちが良く目にするものとして、

テレビで、プロスポーツ選手や、
オリンピックのメダリストたちなどが、


「小さい頃からプロ野球選手が夢でした!」

「昔からオリンピックで表彰台に登るのを夢見てました!」


って言ってますよね!


「健康のために週2回サッカーに通ってたら、
 なんとなくプロにスカウトされました」

なんて話は、あまり聞かないですよね(^^;

プロやメダリストになった彼らは
何がすごいんでしょう?


いえ、もちろん技術もすごいのですが(^^;、

今日お伝えしたいのは、
彼らの秀でた「イメージ力」なんです。

周囲の人が

「それはさすがにムリでしょ~」

と言うことを、本気で貫いた、

本気でプロやメダリストになれると思っていた、

その「イメージ力」なんです。


■ 1億ピースのジグソーパズル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q1.「アナタは、
   4ピースのジグソーパズルを作れますか?」
 ・
 ・
 ・
ほとんどの人が

”Yes”と答えるんじゃないでしょうか?


たまに、ひねくれた人が

「内容にもよるよねー」

なんて言いますが(-_-;)(笑

じゃぁ、第2問です。


Q2.「アナタは、
   1億ピースのジグソーパズルを作れますか?」
 ・
 ・
 ・
今度はほとんどの人が
”No”と答えるのではないでしょうか?

このQ2.にも、
自信を持って”Yes”と答えられるような、

1億ピースのジグソーパズルを
完成させてるところを強くイメージできる、

これが自己イメージの強い人なんです!


■ 「自己イメージ」の強い人に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


私がナック会員様と
商品戦略について話をしている時、

とある住宅の仕様書を見せながら、

「この家は売れるでしょうか?」

と尋ねることがあります。


多くの人は

「どうだろう?
 もっと細かく内容を聞いてみないと
 わかんないなぁ・・・」

というように答えます。

ここで、自己イメージを強く持てる人は、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「その住宅が売れているイメージ」を強く持てるので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「売れるね!」と、即答できるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、高い営業力・販売力を発揮します。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


他にも、コストダウンに関して、
「この価格を目指していきましょう」
と、相談をしている時に、


1棟当たりの実行予算を、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
わずか2~3週間で200万円以上も下げられる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナック会員様がいらっしゃいます。


そういった会員様は、
新築に新規参入で、

「建築コストに関してまだほとんどわからない」

という場合も多いんです。

逆に、
建築を何十年もやってる方の方が、
下がり幅が小さい時もあります。


長年の経験から、

「この部資材は、○○円くらいまでしか下がらないだろう」

という思い込み(自己イメージ)が
コストダウンを邪魔するんです。
 

新規参入の方は、そういった邪魔な思い込みがないので、

「○○円までコストダウンする」ということに対して

自己イメージをはっきり描けるんです。

先週お伝えした「明確な目標」

これを「達成している姿を、強くイメージする」

このことを常に意識してみてください!


▼▽▼▽ おまけ ▽▼▽▼

「新成人に明確な目標を持って欲しい」
ということから、

日・米・中の高校生の意識調査を見てみました。

コチラが結果です

日本の高校生は、
他の2カ国に比べてネガティブな傾向が見られます。

もしかしたら、
この子供の頃からの意識が、
自己イメージの強さに影響してるのかもしれませんね。

子育ての際にも、
「アナタはできるよ!」って言って
育てることが大切なのかもしれませんね♪


工務店MBA事務局
長 正之(ちょう まさゆき)

Google +1

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料!今すぐ登録

最短で工務店MBAにご登録いただくには、下記の都道府県名を選択し、PCメールアドレスだけ入力して下さい。簡単に登録は完了します。

入力間違いが多発しております。
メールアドレスをご確認ください。

都道府県

PCメールアドレス

 
Google +1