資産価値が落ちない住宅の可能性とは?

住宅市場において、あたりまえのように発生している住宅の価値の低下。

施主がドアの鍵を開けた瞬間に価値が20%下がり、20年後には価値が無くなってしまうとも言われています。

顧客がやっとの思いでマイホームを手に入れても、初日から大幅なマイナスになり、ローンの利子も含めると、資産価値という点において大きなマイナス要素となってしまっているのが現状です。

このため、住宅を購入している施主は大きな決意と共にリスクまで背負って工務店の戸を叩いているという事になります。

しかし、

逆に考えると「資産価値が落ちない住宅」という考えが定着した後には、それまでリスクを回避する為に住宅購入に至らなかった顧客が、新たな顧客として増える事は容易にイメージ出来るかと思います。

本来、マイホームとは資産であり、資産価値が下がらないというだけで施主に大きな安心をあたえる事が可能です。

私達ナックはここに着目し、企画住宅型の提案方法と、顧客の様々なニーズに応えられ、更には利益率の確保、集客や営業がしやすい仕組みを加えた住宅を開発しています。